読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4歳上500万下

“血統表”と“現実”のすり合わせ、“競走馬の個性”の解釈

《展望》興味深い配合馬が多い第52回フローラS

derby6-1.hatenablog.com 今更ですが、なかなか続きを書く気力が湧かなかったもので(笑) ----- ホウオウパフュームは、母マチカネタマカズラがKingmambo×El PradoでNureyev≒Sadler's Wells3×3、ハーツクライの、トニービンの、NasrullahとHyperionを増幅さ…

《回顧》第77回皐月賞 ~ 大種牡馬であることを再認識させられる皐月連覇

derby6-1.hatenablog.com “もっとも速い馬を決める”というレースに相応しい激しいレースでした。 もう大して改めて書くこともなかったので、結局考察はレース1時間になりました(笑) アルアインは母が強いクロスを持たず、Burghclere≒Flower Bowl3×4、前走…

皐月かんたん考察

途中まで書いていた記事を消してしまいましたので簡単に。内枠から気になるところを。 スワーヴリチャードは以下エントリーのように当然好配合で、ある程度出していく競馬ができた前走の走りからは「中山適応」の可能性を感じさせましたが、追い切りをみても…

“ディープ×2歳×ノーザンファーム” を母名順で10頭見ただけなのだが

そろそろ2歳馬も見始めないといかんということで、さすがにディープインパクト(172頭)、キングカメハメハ(110頭)、ダイワメジャー(93頭)、ハーツクライ(180頭)はすべてチェックしようと思っています。もちろん新種牡馬の推測もやりたいですが時間と気力があ…

《回顧》第77回桜花賞 ~ Lady Angela≒フランクリーが効いた好配合は、“テースト+Thach(=Special)” や “スカーレットブーケ+ロイヤルスキー” という見方もできてなかなか面白い

隅田公園の桜 ダイワメジャー産駒は、そのパワーを日本の芝向きに改良するために「Nasrullah+Tom Fool的血脈」を持ってくることがポイントです。 ----- メジャーエンブレムはHalo≒Red God≒Past Example3×5・5、カレンブラックヒルはTerlingua(Storm Catの母)…

第77回桜花賞前に言っておきたいこと

靖国神社の桜 いよいよ晴れの桜花賞の舞台です。クラシック競走は私にしてみれば1年間考察してきたことの答え合わせ。今年はどうなる。 ■ ソウルスターリングとアドマイヤミヤビについては特段言いたいことはありません。どちらも持続力が武器の中距離馬です…

土曜の注目馬 ~ マルセリーナ的な斬れ

週中に桜花賞について書きたいと思っていたのですが、あっという間に週末です。 ■ NZTは、贔屓しているのはジョーストリクトリとスズカゼ。前者は大箱の持続戦ならGIで馬券になれる能力の持ち主で、それこそ昨年のNHKマイルCのように逃げ馬(メジャーエンブレ…

《回顧》第61回大阪杯 ~ 秋にはカーニバルソングのHyperionとLady Jurorを活かし切らなければならない!

derby6-1.hatenablog.com ドゥラメンテ世代(現5歳)ではKingmambo≒Ameriflora2×3のヤマカツエースも中距離GIで互角にやり合えるまでに成長しましたが、やっぱりこの世代は総対象ドゥラメンテを筆頭に(右手前での爆発力は間違いなく世界一だったので日本の古馬…

《展望》第61回大阪杯 ~ 未だアンビシャスのHyperionとLady Jurorは覚醒しない

高松宮記念の回顧も書いていませんし、土曜も気になる3歳馬が勝利しましたが、ひとまず大阪杯は書いておかないと。 ■ 印を打つならば、 ◎キタサンブラック ▲マカヒキ ▲ヤマカツエース ★ディサイファ ★アングライフェン 贔屓している馬ながら敢えて厳しい視点…

日曜の注目馬 / シャケトラの配合をもう1度確認 ~ スウェプト×リボンストライプ(=ウイニングチケット)のCourtesy≒Hornbeam≒テスコボーイ

ヴィブロスはHaloウーマンで、それらし機動力≒器用さが武器ですが、走りからはHaloマンのサトノダイヤモンドのように体幹の強さを感じますよね。 ■ いやぁ、シャケトラが一気に重賞まで突き抜けましたか。正直、重賞でワンパンチ足りない競馬が続いて夏以降o…

土曜の注目馬 ~ ナスノセイカン×横山典騎手 / シャケトラ×田辺騎手

フラワーCはシーズララバイが好走しました(*^_^*) ■ 毎日杯は特筆することもなくディープでしょうが、京成杯のときも書いたようにガンサリュートは母がRobertoのクロスでやはりトモなどはRobertoらしさは感じるので内回りでこそでしょう。 日経杯はナスノセ…

月曜の3歳戦 ~ NasrullahとHyperionと、ナスキロラトロ+Count Fleetまで呼応しているのがちょっと面白い

ウインブライトで、ステイゴールドの、サンデーサイレンスとPrincely Gift+仏血?の、凄い芝向きの柔軟性を再確認。やっぱりステイゴールドは凄い種牡馬だなぁ~ 日曜重賞の回顧は、後回しにして、取り急ぎフラワーCだけ。 ファンディーナと、新馬から取り上…

土曜の回顧 / 日曜の注目馬 ~ ハーツクライのHalo、War AdmiralとLa Troienne、NasrullahとHyperion、

若葉Sはハーツクライ産駒のワンツーとなりましたが、どちらもワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトやスワーヴリチャードと同じように、父の持つBusandaの血を増幅しています→アダムバローズの母父Unbridled's Song(スワーヴリチャードの母父でもあるが)が内…

日曜の注目馬 ~ Halo≒Chieftainの瞬発力

金鯱賞、さすがKingmambo≒Ameriflora2×2のヤマカツエースも強くなりました。大阪杯の阪神内回り2000というのはかなり条件的には良いですね(昨年の鳴尾記念は開幕週で終始大外を回されていた)。 最も強調したいのはナスノセイカンが「7・8番手でレースが出来…

土曜の注目馬 ~ それぞれの " 素質が開花するとき "

カデナ vs スワーヴリチャード vs レイデオロという構図で固まったかなぁ。しかしカデナもディープ産駒の典型配合、マイスタイルは天才横山典弘騎手の「先行馬が揃っているなら自分が行ってスローに落としちゃう」という騎乗でしたがハーツクライの典型配合…

日曜の注目馬 ~ マカヒキに続け / HyperionとSon-in-Law~Lady JurorとDonatelloの塊

derby6-1.hatenablog.com derby6-1.hatenablog.com ■ カデナは、ディープインパクト×フレンチデピュティで、Halo≒Sir Ivor≒Boldnesian3・5×5とHaloを増幅しており、AlycidonでBurghclereの底力を増幅している(Burghclere≒Alleged3×6)というところまで昨年の…

今更ながら2月最終週の回顧 をば。

中山記念は位置取りの差、阪急杯は「4角でなにもしなかった馬」がワンツースリーフィニッシュをしました。アンビシャスは15かいくらい言っていますが2000 or 2400で勇気をもって前受けする競馬がみたいです(エピファネイアのJC的な)。 サクラアンプルールは…

土曜の3歳戦 ~ 楽しみな相似配合アドマイヤプリヴ

チューリップ賞は特筆して取り上げることもないですが、ソウルスターリングもリスグラシューも中距離馬でオークスでの距離延長が全く問題ないタイプ。それでも、「外回りマイル戦」のスローペースでは中距離質の斬れが要求されるので、JFも桜もオークスへ直…

日曜の注目馬 ~ Hyperion覚醒へ、勝負の2017初戦

土曜の3歳戦については色々書きたいことがあるので、明日以降にしますが、ヴゼットジョリーはやはり良い馬で、脚長でエンジンの掛かりが遅い重厚な斬れをする中距離馬。オークスで、ソウルスターリング・アドマイヤミヤビ・リスグラシュー相手にどれだけやれ…

土曜の3歳戦 ~ ヴゼットジョリーとジョーストリクトリの母系で光るHyperionとLady Juror(Son-in-Law)

アーリントンCは、ペルシアンナイトは置いておいて、個人的な注目はヴゼットジョリーとジョーストリクトリ。このブログでも何度も登場していますが、3歳世代でも相当好きな2頭です。 ヴゼットジョリーは母母フェンジーの影響が強い重厚な斬れ方をする中距離…

日曜の注目馬 ~ Hyperion,Hyperion,Hyperion,Son-in-Law!!

さて、フェブラリーSですか。 自分の中ではタガノトネールの追悼レースです。 コパノリッキーが内枠ですが、2年前のようにスタートを決めて巧く外目を先行できれば好走してくれるのではないか、そういう展開になってくれ、という希望的観測をしています。 モ…

土曜の3歳戦 ~ ヤングマンパワーやフルーキーくらいにはなれるバリングラ

今日は注目馬が少なく、新馬未勝利では京都5Rのスイーズドリームズくらい。決めてほしいです。 フリージア賞は、東京2000という舞台設定だけあって、将来性が高い馬たちが集まりました。 中でも素質を買っているのはムーア騎手騎乗のバリングラ。Nijinskyが…

タガノレヴェントンとコパノニキータが輝くフェブラリーS

出走が叶っていれば、タガノトネールに期待を賭けていたであろう2017年のフェブラリーS タガノトネールの母タガノレヴェントンはキングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)、3代母もHyperion4・4×3・3というHyperionの血量を持ち、…

《回顧》クイーンC / 共同通信杯 ~ やはりハーツクライのBusanda≒Better Self≒Striking=Busher=Mr. Busher

東京で行われた3歳重賞2鞍はどちらもハーツクライ産駒が制しました。 晩成なハーツクライ産駒を、3歳春に第一戦で活躍させるためには、母から強靭なパワーを取り込むことが重要です(ハーツクライに限ったことではないが、晩成傾向が強いハーツなら尚のこと)…

日曜の3歳戦 ~ レイデオロに、コマノインパルスに揉まれた皐月配合が、本当に皐月で3着に入るという運命にあるならば、アサギリジョー×裕紀人が割って入っても驚かない

derby6-1.hatenablog.com クイーンC、アドマイヤミヤビは強かった。オークスはミヤビとソウルスターリング、そして激流でのヴゼットジョリーに期待という見解は変わりません。 アエロリットも前走以上のデキで、胴長の大飛びの重厚斬れなので府中で良さが出…

土曜の3歳戦 ~ ソウスルターリングとリスグラシューとヴゼットジョリーの樫最大のライバル

さあ今週はクラシックの構図が決まりそうな重要な3歳重賞が2つあります。 競馬だけでなく、何事も、過去の自分を振り返ると「何言ってたんだ自分...」と思うことはよくありますが、そう思うということは今の自分が成長しているからである可能性が高く、全く…

《回顧》きさらぎ賞 ~ Tom Rolfeのパワーも効いたが、コロナドズクエストはHalo≒Boldnesianの血統構成を豊富に持っていた

きさらぎ賞はアメリカズカップが制しました。母がRibot5×5で、自身はTom Rolfe6×5と継続、道悪は巧いわけか... 母父コロナドズクエストは、Nasrullah、Sickle=Pharamond、Sir Gallahad=Bull Dog、Blue Larkspurという、マンハッタンカフェの配合のキーであ…

土日の3歳戦 ~ サロニカもサトノアーサーもジェンティルドンナと同じディープ×デインヒルだが…というタイトルにしていたが、ジェンティルドンナはデインヒルではなくDanzigだった。でも「パワーの発現の仕方」という、「言いたいこと」は変わらないので大丈夫(笑)

エルフィンSはサロニカが逃げ切りましたが、ディープ×デインヒルのピッチ走法で、だから先行するスピードがある...とう今日のレース振りにはジェンティルドンナを思い出しました。でもジェンティルドンナは馬格に恵まれていたし、もっとしなやかだったからこ…

サトノアーサー ~ ディープ×デインヒル / 気になる4角でのモタつき

何事もそうですが、全体像を掴む(イメージする)ということは非常に大切だなと感じます。 それは、「競走馬の血統・配合」においても同じで、「どういう馬なのか」という馬の「個性」を考える、解釈するミクロ血統学と、「強い馬を生産する」ための「マクロ血…

土曜の3歳戦回顧 / セントポーリア賞

土曜の3歳戦 クロッカスSはなかなか好メンバーだったように思います。 相対的にみたときにどうなのかは別として、タイムトリップはナスキロらしい軽いストライド、アドマイヤシナイとスカルバンは胴長(レッドスパーダと同じStorm Cat≒Caerleon)でストライド…

ここ2週の3歳戦をまとめて

1月14日(土) 菜の花賞を制したスズカゼは、ディープブリランテ産駒の中でもデビュー戦から注目していた配合。Hopespringseternal≒Venetian Jester6×4、Tom Fool≒Flaming Page7×5・6 母のVenetian Jesterやマルゼンスキーを父のMiswakiで増幅したというのは兄…

日曜の注目馬 ~ GIで揉まれたRobertoピッチ

derby6-1.hatenablog.com 副題は、その日最も注目・期待している馬を書いていますが、昨日はジョーストリクトリが快勝。新馬で目を付け、京王杯でも将来性を見込んで推していたのでこれは嬉しい。 ジョーカプチーノ×キングヘイローなのでHalo≒Boldnesian≒Dro…

土曜の注目馬 ~ マイルカップに出走させたいジョーストリクトリ

先週の2歳戦についてまとめようと思ったのですが、何せ火曜までずれこみましたから今週のと合わせてやりたいと思います。 若駒S、将来性ではダノンディスタンスが1番でしょう。フェアリードールにサンデーサイレンスにクロフネにルーラーシップ、Nureyevなの…

日曜の注目馬 ~ シャケトラとバリングラの器の大きさ

今年の京成杯は例年にも増して混戦模様で難解です。 コマノインパルスはRed God≒Halo4・5×4で、初戦がインで我慢して最内抜け出し、前走が大外追込と競馬センスはみせています。バゴ×母系リアルシャダイというのは代表産駒オウケンサクラと同じ。血統通りパ…

土曜の注目馬 ~ ついにトピカⅡの仔がデビュー

愛知杯、アンジェリックの中京というのは観てみたかった条件です。母はNasrullahとHyperionクロスのトニービンで、ドゥラメンテと同じ大箱向きの斬れをします。急坂が合って直線が長いコースがベスト。 カゼルダもガゼルロワイヤルの牝系なのでフランス的な…

シャケトラの配合 ~ 名牝系でBlue Larkspurを抑える

マンハッタンカフェは、自身が強いクロスを持たないので、強いクロスを持つ母との配合が合い、自身のHalo≒Boldnesian2×4を増幅させる配合で結果を残しています。 Halo≒Boldnesianとは、「Nasrullah(≒Royal Cherger)+Tom Fool的な血」のことであり、マンハッ…

《走り出して半年》ここまでのタートルボウル

タートルボウル産駒が走り出して半年ほどたちました。悪くない結果と思いますが、相当に期待をしていたので残念といえば残念ではあります。 現代競馬に大きな影響を与えているMumtaz Mahalの子孫が豊富(Royal Cherger≒Nasrullah=Rivaz≒Pherozshah6・6×6・7…

シンザン記念 / フェアリーS / 日曜の注目馬

寒竹賞はマチカネタマカズラの仔、ホウオウパフュームが田辺騎手らしい殿一気で2勝目。昨日も書いたように母マチカネタマカズラはKingmambo×El PradoでNureyev≒Sadler's Wells3×3、これはトニービンの主要血脈であるNasrullahとHyperionとFair Trialを増幅し…

土曜の3歳戦 ~ ディープウォーリアの2面性

寒竹賞 寒竹賞といえばシーザリオ。2頭の牝馬が人気を集めそうです。 ホウオウパフュームの母マチカネタマカズラはKingmambo×El PradでNureyev≒Sadler's Wells3×3、中山替わりはマイナスにはならない。 ミッシングリンクの母エーソングフォーはMr.Prospectpr…

中央競馬初日回顧 ~ 「ステイゴールドの成長力」で片付けられてしまうが…

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 金杯デーは以下まで書いて急用。先ほどようやく5日のレース映像を確認したところです。 ----- 中山金杯 ダノンメジャーの橋口師が「自分の形をとる上ではこの距離の方が競馬がしやすい」…

先週の2歳戦 ~ やはり素質馬が集まった阪神2000の500万

メジャーエンブレムのNHKマイルCとサトノクラウンの香港ヴァーズ、個人的にはやっぱりこれがたまりません。 有馬当日の中山の新馬でデビュー戦を逃げ切ったデアレガーロは、シュプリームギフト=ベステゲシェンクらの3/4妹で母スーヴェニアギフトの8番仔。こ…

《回顧》有馬記念 ~ Haloクロス躍動の一方で、男性的な馬も活躍した2016年

有馬記念 ◎1.キタサンブラック 〇14.シュヴァルグラン ▲11.サトノダイヤモンド △10.アドマイヤデウス ★13.デニムアンドルビー 以下のエントリー書いたが、これほどまでに「着地点≒序列付け≒印打ち」に悩んだレースもそうない。 derby6-1.hatenablog.com キタ…

日曜の注目馬 ~ 晩成だから勝ち切れないハーツの好配合馬たち

有馬記念はどういう着地点にしましょうか。キタサンブラックか、シュヴァルグランの逆転か、そして血統的にはアドマイヤデウスとデニムアンドルビーでも後悔はありません。もう少し悩みます。 derby6-1.hatenablog.com 2日間の開催で頭に残っているのは、阪…

土曜の注目馬 ~ アゼリらしさとは

天皇誕生日の昨日の注目馬は千両賞のゴールドポセイドンくらいしかいませんでしたが、力不足なのか使い詰めが響いたのか。晩成ですからじっくりいきましょう。 アルアインの2着に入ったキョウヘイは、小倉2歳でも鋭い末脚で突っ込んできた(4着)馬でスペシャ…

《展望》有馬記念 ~ ウインドインハーヘアらしい、アドマイヤラピスらしい、フェアリードールらしい走りを

水曜から安倍首相や高橋メアリージュンさんと同じ潰瘍性大腸炎という持病の再燃期に入ったようで、トイレに行きまくり、夜も目が覚め、呼吸も出来ないほどの腹痛、発熱に襲われています... トイレの回数は落ち着き、熱も微熱まで下がったのでようやく「作業…

《回顧》朝日杯FS ~ こういうマイラーが出現する度に分かる、ジェンティルドンナの凄さ。

朝日杯フューチュリティステークス [GI] ◎8.ダンビュライト 〇13.ミスエルテ ▲15.レッドアンシェル △18.トラスト ★10.モンドキャンノ 〇ミスエルテはFrankelの持つMiswakiだけを増幅させた、先週のソウルスターリングとは違うタイプでマイル以下で斬れる。し…

日曜の注目馬 ~ 80点の馬たち

derby6-1.hatenablog.com 追記事項としては、 ・レッドアンシェル/サトノアレス/トラストは内枠が欲しかったでしょう。しかしレッドアンシェルとトラストはやはり今年のメンバーなら勝ち切ってしまっても驚けない。 ・クリアザトラックの岸本助手は「ピッチ…

土曜の注目馬 ~ グリトニルの素質を開花させたい

土曜は3場で、2歳500万の特別戦が行われます。 中山9Rのひいらぎ賞には、贔屓しているグリトニルが出走。 でもやっぱり期待したいのは◎グリトニルで、デインヒル増幅のディアウィンクから生まれた非日本的な名馬ナカヤマフェスタを、ノーザンテースト5×4、Ly…

《展望》朝日杯FS ~ 今週もFrankelか、中距離馬か/レッドアンシェルのHalo増幅

先週の阪神JFは、ソウルスターリング→リスグラシューという決着。昨年の朝日杯FS《リオンディーズ→エアスピネル》を想起させる、「何度やってもその2頭の決着だろう」というものでした。 それに比較すると、今年の朝日杯のミスエルテを除く牡馬は団栗の背比…

《回顧》阪神JF/香港ヴァーズ ~ サトノクラウン、ヴゼットジョリー...Welsh Pagentに惹き付けられていた。残るはアンビシャス。

サトノクラウンが遂にGIを制しました。「絶対に種牡馬になるんだ」(なんて思っていないだろうが)という、ステイゴールドのような執念の差し切りでした。 僕の競馬への入り口となった馬がブエナビスタならば、血統配合への関心を最大級に高めたのがサトノクラ…